農工商連携促進事業
農工商連携促進事業とは?
農工商連携促進事業とは?

中小企業者と農林漁業者が有機的に連携し、それぞれの経営資源を有効に活用する農商工連携の取組を促進するために、農林漁業者と中小企業者の有する技術を上手く組み合わせることにより、農商工連携による新事業を創出することを目的とした事業です。

事業概要・目的
事業概要・目的

株式会社ジェイアール東日本企画では、中小企業庁から「平成30年度農商工連携促進事業」の委託を受け、地域の農商工連携を促進する事業を実施する再委託先(農商工連携促進事業実施機関)を、以下の通り募集致します。

※ 公募説明会は終了いたしました。ご不明点は事務局までお問い合わせください。

業務内容 ①中小企業者と農林漁業者とのマッチング
②継続的なマッチング:マッチングのサポート及びフォローアップ(成果目標の達成)
③農林漁業者のニーズ・中小企業者等のシーズの収集
④フォーラム・ワークショップ、セミナー、勉強会等の開催
⑤状況報告
応募対象 中小企業者、農林漁業者と広くつながりを持つことのできる法人。
詳しくは公募要領をご確認ください。
期間 契約書に定める事業開始日から、平成31年2月28日(木)
事業(予算)
規模
2,000千円(一般管理費、消費税及び地方消費税を含む)を上限とします。
応募方法 次の提出書類を公募締め切り日時までに全国事務局へ電子メールで提出してください。
①事業申請書(別紙、様式1~3)
②定款(寄附行為)
③過去2年間の貸借対照表、損益計算書(収支決算書)
④パンフレットその他機関の概要が分かる資料
※必要に応じて企画提案の内容が分かる書類(様式不問)
詳しくは応募様式をダウンロードしてご確認ください
応募締切 平成30年5月31日(木)(12時必着)
取り組み事例
取り組み事例
株式会社東北農都共生総合研究所(民間事業者)
公益財団法人本庄早稲田国際リサーチパーク(産官学連携組織)
株式会社十六銀行(地域金融機関)
株式会社地域計画建築研究所 大阪事務所(民間事業者)
庄原商工会議所(商工会議所)
一般社団法人宮崎県農業法人経営者協会(農業法人団体)